超音波法でわきが治療

超音波法でわきが治療

超音波法でわきが治療

わきがの治療法のひとつに、超音波法というものがあります。これは吸引法が進歩したもので、脇の下の皮膚を数ミリ切開してハンドルピースという器具を差し込んでわきがの原因となる汗腺類を破壊して吸い出すのです。

 

超音波法でのわきが手術は、両脇で30分程度で済むというのも魅力的です。入院の必要もなく日帰りで行えますから、患者にかかる体の負担も時間も少なくて済むわけです。切開する部分がほんの数ミリということからも、傷跡が残りにくいというメリットがあります。

 

ただ、良いこと尽くめに思える超音波法にも、デメリットがあります。それは、超音波の取り扱いに慣れていない医師が手術を行うと、皮膚に火傷を負ってしまう可能性があるということです。また、超音波法を取り入れていない病院も、たくさんあります。

 

完全に汗腺類を除去しきれずに、手術後にもわきがが残ってしまうということもあります。アポクリン腺はほとんどの人の体にあるものですから、少々のわきがは誰でも発生しています。

 

そのことを考えると、少しわきがが残る程度なら、傷跡が少なく手術時間も短く安く済む超音波法を選んでもよいと考える人もいるでしょう。しかし、完全に確実にわきがの原因を取り去りたいと考えている人には向いていないかもしれません。特に、強いわきがに悩んでいる人には、他の治療法が医師からすすめられることでしょう。

copyright 2017 野菜不足の解消なら青汁に決まり!おすすめはこれ All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。