まぶたのタイプとは?

まぶたのタイプとは?

まぶたのタイプとは?

一口に、一重まぶた、二重まぶたといっても、実はそれぞれに種類が存在しています。一重まぶたには、よく見ると二重まぶたの構造をしているまぶたがあります。太っていることなどが原因で、まぶたがむくんでいたり腫れている状態になって一重に見えているのです。

 

これを、隠れ二重の一重まぶたといいます。皮膚の弾力が強くて一重まぶたになっている場合もあり、痩せたり加齢によって皮膚の弾力がなくなってくると二重に見えるようになります。

 

もう一つの完全な一重まぶたは、二重になることはありません。化粧品や化粧雑貨で一時的に二重まぶたを作れるものを使ったり、痩せたりしても、二重になることがないのです。

 

二重まぶたには、平行型、末広型、奥二重という3種類があります。平行型は、二重まぶたのスタートラインが目頭から離れていて、平行にラインが入っているタイプです。

 

二重のスタートラインが目頭から始まって、目尻にいくに従って徐々に広がるタイプは、末広型。奥二重は、一見一重まぶたのように見えて、まばたきしたり目を閉じると二重まぶたなのがわかるタイプです。

 

平行型は、黒人・白人・アラブ系・東南アジア人に多いといわれます。日本人のまぶたには、末広型が多いとされています。しかし、九州や沖縄にいくに従って、平行型の二重まぶたの人が多くなるそうです。

 

同じ人種でも、地域によってまぶたに違いが出てくるのは興味深いことです。人類のルーツをたどるようで、面白いものですね。

copyright 2017 野菜不足の解消なら青汁に決まり!おすすめはこれ All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。