野菜作りの苗の植え方

野菜作りの苗の植え方

野菜作りの苗の植え方

夏になると、トマトやナス、キュウリなどの苗がホームセンターや園芸ショップ、花屋などで販売されています。このような苗を使えば、簡単に野菜作りを始めることが出来るでしょう。野菜作りは、種から始めるものばかりではありません。種蒔きから始めると、温度管理や水のやり方など、気を配っていても、上手く育たない場合があります。ですから、苗を買って、家庭菜園で育てるのもよいでしょう。

 

苗を選ぶときは、葉が大きく、茎がしっかりとしているものを選びましょう。また、色が濃く、節の間隔が狭いものがよいでしょう。苗は、ビニール製のポットで売られているので、土に植える前にポットを外さないで、水分をしっかりと与えます。売られているものにも、お店の人がしっかりと水を撒いていますが、自宅に着いたときには、水分が不足している場合が多く、水分が不足していると根がしっかりと張ってくれない可能性があるので、土に植える前に水分をしっかりと与えます。

 

そして、ポットを外して、土に植えていきます。土の深さは、苗の根がしっかりと隠れるぐらいが良く、根が土の外に出てしまわないように注意しましょう。また、ポットを外すときは、茎をしっかりと持って、根を傷つけないようにゆっくりと外します。そして、掘っておいた穴に苗を植えて、根を覆うように土をかぶせます。

 

まだ、苗の背が低い場合は、そのままでもよいですが、どんどん成長するので、短めの支柱を立てて、苗が倒れないように紐で縛っておくとよいでしょう。紐で縛るときは、きつく縛らずに少し余裕を持たせて縛りましょう。苗を植えるときは、天気はいい日が数日続くときを選び、翌日や翌々日などに雨が降りそうなときはやめておきましょう。

copyright 2017 野菜不足の解消なら青汁に決まり!おすすめはこれ All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。