野菜不足の解消なら青汁に決まり!おすすめはこれ

野菜不足の解消なら青汁に決まり!おすすめはこれ

野菜不足の解消に良い青汁はこれだ!

栄養価が高い野菜を積極的に摂ろう!

 

野菜は健康によいといわれていますが、たくさんの野菜の中で特に栄養価が高いものには、どのようなものがあるでしょうか。栄養価が高い野菜として、よく言われるのは緑黄色野菜です。緑の色が濃く、さまざまな栄養を含んでいるものです。ここでは、「ニラ」と「ブロッコリー」について、紹介してみましょう。

 

ニラには、新陳代謝を活発にする作用があり、疲労回復にもよい野菜なのです。また、何も手を加えなくても、強いにおいがありますが、このにおいは硫化ありルと言う成分のせいで、その成分はサルモネラ菌を攻撃する作用があるそうです。

 

ニラの効能から、以前は薬として使われていた時期もあり、体によい影響を与える野菜の一つです。また、体を温める作用もあるので、女性の冷え性にも効果があるようです。そのほかには、ブロッコリーには、ビタミンCが多く、βカロテンも摂取できる野菜です。この成分によって、活性酸素の発生を抑制して、老化を防ぐ効果もあります。

 

この2つの野菜のほかにも、ほうれん草や人参、ピーマンなどもビタミン類が豊富で体を元気にしてくれる作用があります。また、それぞれの野菜は、カロリーが低いので、肥満傾向にある人は、肉などを控えて、野菜を多めに食べるようにするとよいでしょう。

 

明日葉やモロヘイヤなどもねばねば成分が含まれており、美容や健康によい野菜としてよく知られています。葉物野菜は、鮮度が落ちるのが早いので、買ったらすぐに食べた方が栄養を失わずに補給することができます。

 

番外編:野菜作りの始め方

 

新鮮でおいしい野菜を食べたいなら、自分で野菜作りをはじめて見るのはいかがでしょうか。野菜作りの経験がなくても、いろいろな方法で野菜作りをはじめることが出来るので、計画してみるのもよいでしょう。

 

まずは、どのような野菜をどのくらい作ってみたいのか、イメージしてみるとよいでしょう。それがイメージしにくいなら、野菜作りが出来る場所を検討してみましょう。一戸建てで、庭に余裕があるなら、一部を家庭菜園としてもよいですし、庭がないマンションに住んでいるなら、大き目のプランターで始めることも出来ます。また、本格的に始めたければ、市営の農園を借りて始めるのもよいでしょう。

 

どこで野菜作りを始めるのか検討した方が、イメージしやすいかもしれません。最初から、市営の農園などで本格的に始めるのに、躊躇するなら庭の一部を家庭菜園にするか、プランターで野菜作りを始めると、手軽に始められるでしょう。

 

最初に取り組むのは、比較的簡単に栽培できる、ミニトマトやレタスなどの葉野菜、二十日大根などから始めると、失敗が少なく始められるようです。

 

また、夏ならキュウリやナス、ゴーヤなども育てやすい野菜です。育てたい野菜が決まったら、種まきから草取り、害虫駆除、追肥など収穫できるまでの予定を立てて、育てるために必要な道具を揃えましょう。ミニトマトやナス、キュウリなどは、ホームセンターなどで苗の状態で販売されているので、それを用意して植えてもよいでしょう。

 

野菜作りを始めるときは、必要になるものなどを調べて、計画を立てて準備をしてから始めると失敗が少ないでしょう。また、道具は必要なときに必要なものを買うようにすれば、無駄がありません。

 

眼精疲労と胃もたれの関係について

 

胃もたれの状態になっていると、眼精疲労を引き起こす原因になってしまうこともあるとされているのですが、胃もたれと眼精疲労はどのような関係があるのでしょうか?眼精疲労というと、目の痛みや疲れなど、目に関する症状ばかりだというイメージが強いかもしれません。ですが、他の部位にも影響が出てしまうということもあります。

 

眼精疲労の症状が重い人の中には、目に症状が出るだけではなく、嘔吐や吐き気、胃もたれの症状まで出てしまうという人もいますし、反対に嘔吐や胃もたれによって眼精疲労が引き起こされてしまうケースもあるのです。ですので、胃もたれや吐き気、そして目の疲れなどのような症状が長く続いてしまっているのであれば、眼精疲労が関係している疑いがあると思ったほうが良いかもしれません。

 

どうして眼精疲労になってしまうと胃もたれの症状が出てしまうのかは明らかになっていません。ただ、眼精疲労になっていると、それだけ目も疲れやすくなりますし、ものが見えづらくなってしまいますのでストレスを感じやすくなります。

 

それに眼精疲労のせいで視力も下がってしまうと、これまでとは姿勢にも変化が生じてしまったり、他の部位に力を入れてしまったりしやすくなります。これによって、胃もたれの症状が出てしまっているのではないかという説があります。

 

また、胃もたれが眼精疲労の原因になる理由もまだ分かっていないのですが、胃もたれよってストレスを感じるようになってしまい、このストレスによって眼精疲労になっているのではないかとされています。

 

このように、胃もたれが原因で眼精疲労になってしまったり、反対に眼精疲労が原因で胃もたれの症状が出てしまうということもあるのです。ものが見えづらくなってしまっていることによって、潜在的にストレスを感じてしまっているのであれば、目の疲れを解消したりするのが一番いいわけです。

 

例えば、普段からコンタクトレンズやメガネを使っているのであれば、その度数が眼の視力と合っているのかも念の為に確認しておいたほうが良いでしょう。しばらく度数を調べていないのであれば、視力とマッチしていない可能性もあります。この他にも、仕事などで目を使いすぎてしまっているのであれば、少しでも目の負担が軽くなるように工夫をこらすことも大切です。

 

こちらでも詳しく>>>眼精疲労に効くサプリを調べてみた

 

 

子どもにおすすめの野菜ジュースがあるのか?

 

野菜ジュースが体にいいということは、医学でも実証されているのですが、苦くて中高年の人が口にするものだというイメージを持っている人がとても多いです。

 

確かに、以前は野菜ジュースというのは、健康になろうとしている中高年の人を中心にして飲まれてきました。ですが、栄養素がたくさん含まれていて、体にいいのですから、子どもにも野菜ジュースを飲ませてあげるべきなのではないでしょうか?

 

最近は特に、野菜を食べない子供も多くなっています。しかし、子供が食べないからと言って、他の食べ物ばかりを食べさせてしまっていると、子どもの内から栄養不足になってしまいますし、成長の妨げになってしまうかもしれません。最近は、アレルギーを持っている子供がとても多くなっているのですが、これも栄養が偏ってしまっていることの弊害だといわれています。

 

昔は野菜ジュース=苦くて子供が苦手な味というイメージが強かったのですが、最近は子供向けの野菜ジュースも販売されています。ブドウの味になっていますから、子どもも問題なく口にすることができるでしょう。いくら体にいいとはいえ、苦かったり不味かったら、子どもは飲みたがりません飲みやすい味の野菜ジュースであれば、それだけ継続して飲むことができるでしょう。

 

特にブドウ味というのは、子どもから人気の味になっていますから、普段からジュース代わりに飲むことができるのではないでしょうか?また、大人で野菜ジュースの味が苦手だという人にもお勧めです。

 

野菜ジュースを飲むことによって食物繊維もしっかり補給することができます。現代の子供の半数は食物繊維が足りていないといわれています。そのため、細菌の子供は便秘の症状に悩んでいる子供が非常に多いとされています。

 

野菜ジュースには豊富な食物繊維が含まれていますから、この便秘も改善しやすくすることができるでしょう。ブドウ味になっている野菜ジュースというのは、野菜ジュースと比べて糖分が50%ほどカットされています。ですから、糖分を摂りすぎてしまうということもありません。さらに1包でセロリの20倍の食物繊維を摂取することができます。

 

ブドウ味になっている野菜ジュースは水で薄めてもいいですし、炭酸水や牛乳で割って飲むようにしても大丈夫ですから、子どもの好みに合わせるようにしてもいいでしょう。この他にもプレーンヨーグルトと混ぜて口にするというのも人気になっています。

 

青魚の缶詰を使用した時短レシピ

 

青魚にはカラダに必要な栄養分を豊富に含まれていますが、常に新鮮な青魚をカラダに摂りこむことは難しいことでしょう。そこで、安定して栄養素を摂り入れるために缶詰が重要になってきます。缶詰に加工されているのでイチから調理しなくてもいいので時間の短縮にもなります。ではここでいくつの青魚の缶詰を使った料理を紹介いたします。

 

まず紹介するのは青魚の炊き込みご飯です。この料理は米と青魚の缶詰の他にたくさんの野菜を入れて作ることができるので非常に簡単に作ることが出来ます。また、アクセントとしてごま油やネギを入れることもおススメです。

 

次に紹介するのはサバと白菜の煮物です。白菜を適当なサイズに切りフライパンが隠れるようにのせます。その上にサバ缶をのせしょうがを加えます。しょうがは千切りにすることがポイントです。また、サバ缶はすでに味付けされているので調味料を余計に加える必要がありません。そして、ふたをして白菜がしんなりとすれば完成になります。

 

また、缶詰に加工されているので骨ごと食べられカルシウムも摂ることができるのでこの料理はとても効率的です。これらの料理はすでに缶詰で味付けされているので無駄に塩分などを入れなくてもよいというメリットがあります。調理過程はとても簡単なものなので一度作ってみてはどうでしょうか。

 

こちらもで詳しく>>>青魚サプリランキング大発表

 

更新履歴

copyright 2016 野菜不足の解消なら青汁に決まり!おすすめはこれ All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。